普通コマ付き水栓メンテナンス

普通コマ付き水栓メンテナンスと対策実例のご紹介

例1

下図にあるように、上から、まずビスを抜き、ハンドルを抜き、袋ナットをモンキーレンチ等で左へ回し、はずれるまでゆるめる。

ハンドルを再度仮にもとへさして取り付け、左に回していくと、スピンドルごとはずれる。

こまが内部に残った場合は、ピンセット、わりばし等でつまみ抜く。

必要なときは、三角パッキンをかえる。

新しいこまをスピンドルにさして、すばやく上下逆にして本体にさしこむ。

もとのように復旧する。袋ナットをしめる前に、スピンドルを、右まわりに全部しめた位置より、すこし左回転して戻しておいてから袋ナットをしめる。

締め具合は、ハンドルを回してみて、かたすぎず、やわらかすぎず、水漏れのないよう、適当なところとします。

普通コマ付き水栓メンテナンス>

ネツケンの通販

ネツケン オンラインショップ

https://nekken.biz

ネツケンオンラインショップ

そのショップ

https://nekken.org

そのショップ