台所シンクより漏水

台所シンクより漏水の要因と対策実例のご紹介

例1

シンク裏側の、給水もしくは、給湯管自体または継手、接続部より漏れが発生(24h継続して漏れる。)

例2

デッキタイプ混合栓の、スパウト(吐水パイプ)の付け根、袋ナットより漏れる。(使用中のみ漏れる。)

このケースでは、ほとんど、パッキンの取替だけでは直らない。吐水パイプの摩耗、、変形が生じ、スパウトを変える必要があります。

同、ハンドルの下部、袋ナットより漏れる。(使用中のみ漏れる。)
三角形のパッキンの取替で修理できますが、あまり摩耗しておれば、修理不能です。

カートリッジバルブを使用している機種は、バルブ部セット交換となります。
シングルレバー水栓では、大きいOリングの取替等が必要です。

以上、少量の漏れのように思われますが、ステンレス水切り板と、混合栓取り付け用に貫通している穴より、下階に漏れるケースが相当あります。

例3

シンク排水管が、特に鉄管で施工されている場合、見える場所、またはまれに、隠蔽場所で腐食のため穴があいて漏れる。

例4

シンクとトラップの接合(パッキンが入っている)面より漏れる。この場合ほとんど、シンクの1段下がった平な面に、ステンレス腐食の穴または傷が発生しているので、シンク全体の取替が必要です。

例5

シンクトラップと排水管の接合が、ホースを用い、テーピング等で接続されているとき、この継ぎ目より漏れる。この場合は、排水管の詰まりにより、管洗浄清掃が必要です。

ネツケンの通販

ネツケン オンラインショップ

https://nekken.biz

ネツケンオンラインショップ

そのショップ

https://nekken.org

そのショップ